2017年8月27日日曜日

衣錦之栄


 10年前、臨床基本ゼミ帰りのN先生を捕まえて、口腔内写真の撮り方などを教えていただいていた勉強会がありました。それから間もなくしてメンバーはそれぞれのステージに進んでいき、会は終わりを迎えるわけですが、私にとっては補綴科での最後の花火ともいえる楽しい思い出でした。
 それからも絆は途切れることなく、顔を合わせばいつも心を許せるN先生でしたが、その先輩がこれまで積み重ねてこられた思考を形にした『臨床診断』のプレゼンテーションをもぐら塾で目にした時は大きな衝撃を受けました。なんかよう会にて二度目のお話を伺った折に、是非このお話を新潟で!という私の身勝手なお願いを快く引き受けてくださり、八月夏の最後に10年越しに『ダテ塾』が復活開催されました。
 本会では、一頻り臨床診断についてお話いただいた後、こちらからは若手が欠損歯列3ケースを提示し一緒に考えるというキャッチボール形式で進めていきました。臨床基本ゼミ講師でもあられるN先生ですから、その辺りの捌き方はお手の物。時間も3時間ぴったりで、拍手万雷のスターマインでした。
 その後は思い出のラーメンを一気に食して、颯爽と新潟を後にされました。前夜祭も含めて大いに盛り上がり、塾長自ら「定例会化!」と言い出すなど、今後も楽しい思い出を作っていけそうです。

2017年8月6日日曜日

KDM若手会・なんかよう会合同勉強会


 台風の影響で急遽土曜だけの開催となりましたが、濃密な一日となりました。演題全てが欠損歯列のケースということがそれに拍車をかけたことは間違いありません。
  第一部では、KDM若手会からは今後のKDMの欠損歯列を引っ張っていくであろう四天王が登壇し、息のあった掛け合いを見せていました。そこに共通していたのは、欠損歯列の『性質』を捉えようという姿勢です。先日の語る会でKDMは「絶対上顎」を掲げていましたが、そういったコンセプトを中心軸としながらKDMお得意のスクラム体制で突進してくるわけですから並大抵の迫力ではありません。


  一方なんかよう会からは、欠損歯列を捉えるという作業は抑えた上で、咬合関係・顎位・咀嚼といった要素に焦点を当てた3ケースが対抗馬として出走しました。火曜会の「絶対はない」という姿勢からの、試行錯誤が目につくプレゼン内容だったと思います。
  興奮冷めやらぬ中ケースプレは懇親会の場まで及び、アルコールの勢いを借りた発言も飛び出すなど、一息いれる暇もない一日でした。 
 本会を通して感じたことは、コンセプトというのは「ひと・くち・は」でいうところの少なくとも「くち」以上の外枠になければならないということです。コンセプトに当てはめれば決断は容易になるわけですが、その作業を「は」の枠でやってしまうと、「ひと・くち」に思考が届かなくなることでしょう。現在エビデンスをされているもののほとんどが「は」でのコンセプトということになりますが・・・ そういった点でも今回の2つのグループの意見交換は非常に手応えのあるものでした。

2017年6月27日火曜日

まだ名のない会


 楽しみにしていた『まだ名のない会』に出席しました。金子先生の記録といえば何と言っても『臨床記録』ということになりますが、今回はその裏話『ANOTHER STORY』でした。 「俺ほど遊んだ人間はいない」、そんな風にお話しされていたのをかつて耳にしたことがありましたが、これほどまでとは・・・と圧巻のスライドの連続でした。ジョー・プライスと張り合いたくなる気もわかりました。 臨床もそうですが、遊びも真似できる人は後にも先にもいないでしょう。スーパースターとはまさにこの人のことで、憧れるのはいいですが追いつこうなんて到底無理なお話だということもよくわかりました。。完全白旗、圧倒的でした。

2017年5月28日日曜日

新潟もくあみ会に向けて

 半年先を予定している新潟もくあみ会ですが、会員から提示された『一次固定か二次固定かで悩んだ症例』の分析作業が始まりました。こういったアプローチの場合、『収集』のあとは『仕分け』が必要となるのが通例で、リーダー格のN先生から『上顎の欠損形態で分類する』という提案がなされました。
1. 長い中間欠損(3歯)症例 
2. 2歯までの中間欠損症例 
3. 2歯までの中間欠損+遊離端欠損
の3つにひとまず区分されましたが、ここからどのようなことが見えてくるのかはまだ不明瞭です。 6月中旬の途中経過報告に向けての急ピッチでの準備が進んでいます。
 話は少し変わり、ミーティングはアオーレ長岡という会場で行われました。4年ほど前に完成した複合施設で、恥ずかしながら初めて訪れましたが、なかなかどうして素晴らしい施設でした。隈研吾の設計のようです。

2017年5月21日日曜日

もぐら塾

4日間に渡った『第二期もぐら塾』が終了しました。
自分が欠損歯列が好きだということを再確認させてくれるのはいつだって金子先生のお話です。 見せていただいた数あるケースの中で最も経過が長いという55年経過症例は圧巻の一言で、 イエテボリの歯周補綴40年経過症例よりもやはり私は二次固定に心を動かされます。 55年という臨床記録の中には多くのドラマのシーンが流れていて、観る者は名場面のいずれかに共感したり学んだりするからでしょう。 今後、自身の臨床で深めていくべきことやこれから二次固定というものを、 時流をふまえながら真剣に考えていかなければならないと感じました。
他にも、中舘先生の『臨床診断』のお話や、西島先生の『すれ違い』のお話も非常に素晴らしい内容で、 他に類をみない白眉のセミナーであったことは間違いありません。 第3期の募集は未定だそうですが、是が非でも受講すべきと断言します。

2017年2月19日日曜日

首脳会談

今年は(も?)忙しくなりそうです。
かねてより進められてきた『新潟もくあみ会』、そして『もくあみ会 in 新潟』に向けて動き始めました。日程や会場、要の企画をどうするかなど課題は山積しています。2人の首脳を前に、経緯と方向性についてプレゼンしましたが、さすがの判断力と決定力で歯車は順調に回り出しました。3月には決起集会を予定しています。

2017年2月12日日曜日

もくあみ会 15年間とこれから

 15周年と銘打たれたもくあみ会が無事終了しました。二日間ともケースプレという試みが見事に当たり、金子先生が始められた基本ゼミで育った弟子たちがそれぞれの臨床歴の中で得てきたものを次々に発表していく様子は、15年間に渡る種蒔・発芽・開花そのものでした。懇親会では重大ニュースも飛び出し、いろいろな意味で忘れられない会となりました。多くの会員がそう思い、この会を大切に続けていきたいと感じたのではないでしょうか。写真は、会を終え外へ出た時に目に飛び込んできた、とても美しいと感じた空です。
 今日からは次のもくあみ会を目指していくことになります。来年は新潟開催という案も飛び出し、新潟勢の一致団結が望まれます。やるしかないと燃えています。