2017年1月16日月曜日

神妙の域

 先週の日美は北斎を特集していた。北斎は当時にしては異例の長寿で90歳まで生きたそうだが、それまでに幾度となく名を変え、75歳以降は『画狂老人卍』の号を使っていたと云う(歯狂老人Kなら知っているが・・・)。なんとも考えさせられたのが『富獄百景』の後書きで、『私は6歳より物の形状を写し取る癖があり、50歳の頃から数々の図画を表した。とは言え、70歳までに描いたものは本当に取るに足らぬものばかりである。73歳になってさまざまな生き物や草木の生まれと造りをいくらかは知ることができた。ゆえに、86歳になればますます腕は上達し、90歳ともなると奥義を極め、100歳に至っては正に神妙の域に達するであろう。」と北斎は述べたそうだ。番組ではこの言葉に対し、自信の表れか、はたまた自身への鼓舞かなどといった議論が交わされていたが、「描くことが楽しいという純粋な気持ちではないか」という井浦新の言葉が自分には一番しっくりきた。
 比ぶべくも無い小さな話に過ぎないが、自身の臨床を振り返ってみても取るに足らぬものばかりで、神妙の域には到底辿り着けるはずもないが、もう少し何とかならないものかと思う。大抵のことは通り過ぎた後になって、「ああ、こういうことだったのか」「ああ、まだこんなところに来ただけに過ぎないのか」となる。凡人のサダメと割り切っているので天才を羨むことも無いが、北斎の言葉からすると案外天才も同じように感じているのかもしれない。
 北斎はおよそ200年前を生きた。それから随分文明は進んだようだが、宇宙の歴史からすれば瞬きに過ぎない。恐竜が絶滅したように、いつか人間の築いた歴史がリセットされる日も来るかもしれない。そんな儚い歴史に北斎は名を残したが、きっとそんなことが目的だったわけではなく、純粋に絵師としての人生を楽しんだのだろう。歯医者もそのように楽しみたい。
 ちなみに画像は私が子供の時に習っていた習字の先生の作品で、「遊びで書いたよ」と言いながら持ってきてくださったもの。この人もまた楽しんでいる。

2016年12月6日火曜日

代替品

 セントリックが強固ということで評価の高いKSK咬合器。臨床基本ゼミで教わったものの、すでに販売中止のためヤフーオークションで何台かをかき集め、クラウンブリッジに使用していました。全く新品同様のものも手に入ったりしたこともあったのですが、不注意で落下させてしまい、インサイザルピンが折れてしまいました。古き良きものは大切にしていきたいものですが、無いものねだりしていてもどうにもならないので、代替品を探していました。 あるラボから納品される咬合器に目をつけ、ある方からの後押しもあったため、まずはデンタルメイトIIとラボメイトIIというものを購入してみました。2つの違いは顎間距離だけのようです。まだ簡単に触っただけですが、なかなかセントリックもしっかりしていて、軽くハンドリングも良さそうです。値段も¥6,500と安価です。
 しかし、購入した咬合器が届いた矢先に、前述したラボからの技工物の中に「おや?」と思うラボメイトIIがありました。しっかりしているはずのセントリックにカタツキがあるのです。よくよく調べてみると、上弓をとめているネジが錆びて緩んでいるようでした。怪我の功名で、今後はこんなところも注意深くみていきたいと思います。 咬合器の相談相手から、CSA-300なる平均値咬合器も薦めていただきました。KAVOのProterのそっくりさんですが、こちらも購入したので折を見て使ってみたいと思います。

2016年9月30日金曜日

新潟の歯科スタディグループ LMN

 毎夏行ってきたLMNの全員ケースプレゼンテーションが迫っています。ある人間の不義により一時休止に追い込まれていた会でしたが、有志の気持ちが止まった歯車を再び動かしてくれました。
 首を捻りたくなるようなタイトルもありますが、ここが今の本分です。やるべきことをやっていこうと思っています。
 嬉しいことにこのブログを読んでくれている方から見学希望のメールをいただきました。二匹目のどじょうを狙って、検索にひっかかるようなタイトルとしました。見学希望の方はmkmsts@gmail.comまでメールをください。事前抄録をお送りします。

2016年9月29日木曜日

2016年臨床基本ゼミ フィナーレ

 9月24,25日に2016年の臨床基本ゼミがフィナーレを迎えました。受講生のH先生は体調不良で参加できず残念でしたが、最終ケースプレはもくあみ会へと持ち越してもらいたいものです。
 15名の受講生のケースプレに対して、講師陣からは厳しいコメントが目立ちました。しかし、受講前はその対話すら成り立たなかったはずです。臨床基本ゼミの名称をそのまま受け取れば、臨床の基本を学ぶゼミだと思われていたことでしょうが、本質は『質の高い臨床を成し遂げるために必要な基本となること』を学ぶところです。半年間の受講により、その臨床への登山口が示され、通行許可証が得られたわけですから、この険しくも楽しいイバラ道を登り続けてほしいと願っています。道中にはもくあみ会という山小屋もあります。

 来年の基本ゼミの募集も始まっているようです。間違いなしのオススメです。 http://kihonzemi.com/kihonzemi/TOP.html

2016年9月20日火曜日

ミステリアス・ピカソ

 唐突の昔話です。1998年、私の10代最後の夏に、渋谷のbunkamuraまで映画を観に行きました。お目当は、『ミステリアス・ピカソ 天才の秘密』でした。
  当時は、若気の至りか、あるいはサブカルチャーを気取っていたのでしょう、新潟でもミニシアターによく足を運んでいた記憶があります。今ではどこかへいってしまいましたが、映画チラシをコレクションしていたこともありました。まだその小さな映画館は営業していますが、ほとんど訪れることはなくなってしまっています。
 話を元に戻しますが、ピカソの絵には興味はもっていたものの、一般的な人が抱く程度のものでしかありませんでした。しかし、『ミステリアス・ピカソ』のチラシを手に取った私は、衝動的に観に行こうと決めたのだと思います。 映画は非常にユニークな撮影手法がとられています。天才画家の頭の中をのぞくことを目的に、ピカソが描くキャンパスを裏から撮影することで、筆の動きや創作ステップが明快にみてとれるというものです。ピカソのユニークでありパワフルな絵が、流れるようなスピードで描かれていく様に圧倒され、え?まさか?そうなっちゃうの?という驚愕の展開の連続に興奮しっぱなしだったことを今でも鮮明に覚えています。下の動画は映画の一部です。この映画以来、私はピカソのにわかファンとなったわけです。  つづく 


2016年7月20日水曜日

第4回 臨床基本ゼミ


 週末は臨床基本ゼミに参加させてもらいました。毎回感じることですが、この臨床基本ゼミが自分の臨床の礎となっていることを強く再認識させられると同時に、多くの新しい気づきがあり、臨床の奥深さに興奮するばかりです。長期経過観察、歯牙移動、歯根膜活用・・・どのテーマも本当に面白く、歯科臨床がどれほど楽しいものかを教えていただいた第4回でした。
 第5回には受講生にとっては厳しいケースプレが待っていますが、真剣にそこを越えれば基本ゼミが故郷になるはずです。いただいた資料を帰りの新幹線の中で広げながら感じたノスタルジーの重なりはそういうことだったのかと、ブログを書くことで気がつきました。


ウワサの現美新幹線にもお目にかかれました。

2016年7月15日金曜日

すれ違い咬合の補綴処置

 先日の臨床歯科を語る会の全体会で行われた「左右的すれ違い傾向症例の補綴処置」を聴き感じたことを、若手の一人として述べたいと思います。 
 いきなり関係ない話ですが、行きつけの美容院で「若手の一人として〜」と話していたら、美容師さんから「えっ?まだ若手なんですか?」と言われました。確かに37歳でいつまでも若手なんて言っていられないなと恥ずかしい思いをしました。これからは脱・若手宣言です。
 スライド6枚になってしまったため、分けて連載します。