2016年9月30日金曜日

新潟の歯科スタディグループ LMN

 毎夏行ってきたLMNの全員ケースプレゼンテーションが迫っています。ある人間の不義により一時休止に追い込まれていた会でしたが、有志の気持ちが止まった歯車を再び動かしてくれました。
 首を捻りたくなるようなタイトルもありますが、ここが今の本分です。やるべきことをやっていこうと思っています。
 嬉しいことにこのブログを読んでくれている方から見学希望のメールをいただきました。二匹目のどじょうを狙って、検索にひっかかるようなタイトルとしました。見学希望の方はmkmsts@gmail.comまでメールをください。事前抄録をお送りします。

2016年9月29日木曜日

2016年臨床基本ゼミ フィナーレ

 9月24,25日に2016年の臨床基本ゼミがフィナーレを迎えました。受講生のH先生は体調不良で参加できず残念でしたが、最終ケースプレはもくあみ会へと持ち越してもらいたいものです。
 15名の受講生のケースプレに対して、講師陣からは厳しいコメントが目立ちました。しかし、受講前はその対話すら成り立たなかったはずです。臨床基本ゼミの名称をそのまま受け取れば、臨床の基本を学ぶゼミだと思われていたことでしょうが、本質は『質の高い臨床を成し遂げるために必要な基本となること』を学ぶところです。半年間の受講により、その臨床への登山口が示され、通行許可証が得られたわけですから、この険しくも楽しいイバラ道を登り続けてほしいと願っています。道中にはもくあみ会という山小屋もあります。

 来年の基本ゼミの募集も始まっているようです。間違いなしのオススメです。 http://kihonzemi.com/kihonzemi/TOP.html

2016年9月20日火曜日

ミステリアス・ピカソ

 唐突の昔話です。1998年、私の10代最後の夏に、渋谷のbunkamuraまで映画を観に行きました。お目当は、『ミステリアス・ピカソ 天才の秘密』でした。
  当時は、若気の至りか、あるいはサブカルチャーを気取っていたのでしょう、新潟でもミニシアターによく足を運んでいた記憶があります。今ではどこかへいってしまいましたが、映画チラシをコレクションしていたこともありました。まだその小さな映画館は営業していますが、ほとんど訪れることはなくなってしまっています。
 話を元に戻しますが、ピカソの絵には興味はもっていたものの、一般的な人が抱く程度のものでしかありませんでした。しかし、『ミステリアス・ピカソ』のチラシを手に取った私は、衝動的に観に行こうと決めたのだと思います。 映画は非常にユニークな撮影手法がとられています。天才画家の頭の中をのぞくことを目的に、ピカソが描くキャンパスを裏から撮影することで、筆の動きや創作ステップが明快にみてとれるというものです。ピカソのユニークでありパワフルな絵が、流れるようなスピードで描かれていく様に圧倒され、え?まさか?そうなっちゃうの?という驚愕の展開の連続に興奮しっぱなしだったことを今でも鮮明に覚えています。下の動画は映画の一部です。この映画以来、私はピカソのにわかファンとなったわけです。  つづく 


2016年7月20日水曜日

第4回 臨床基本ゼミ


 週末は臨床基本ゼミに参加させてもらいました。毎回感じることですが、この臨床基本ゼミが自分の臨床の礎となっていることを強く再認識させられると同時に、多くの新しい気づきがあり、臨床の奥深さに興奮するばかりです。長期経過観察、歯牙移動、歯根膜活用・・・どのテーマも本当に面白く、歯科臨床がどれほど楽しいものかを教えていただいた第4回でした。
 第5回には受講生にとっては厳しいケースプレが待っていますが、真剣にそこを越えれば基本ゼミが故郷になるはずです。いただいた資料を帰りの新幹線の中で広げながら感じたノスタルジーの重なりはそういうことだったのかと、ブログを書くことで気がつきました。


ウワサの現美新幹線にもお目にかかれました。

2016年7月15日金曜日

すれ違い咬合の補綴処置

 先日の臨床歯科を語る会の全体会で行われた「左右的すれ違い傾向症例の補綴処置」を聴き感じたことを、若手の一人として述べたいと思います。 
 いきなり関係ない話ですが、行きつけの美容院で「若手の一人として〜」と話していたら、美容師さんから「えっ?まだ若手なんですか?」と言われました。確かに37歳でいつまでも若手なんて言っていられないなと恥ずかしい思いをしました。これからは脱・若手宣言です。
 スライド6枚になってしまったため、分けて連載します。







2016年6月21日火曜日

咬合崩壊と二次固定


 2016もくあみ会事後抄録が「咬合崩壊と二次固定」として編集され、7月の臨床歯科を語る会にてお披露目されようとしています。
 当誌製作に尽力したのは新潟若手のダイナモであるT先生です。サッカーで鍛えた持ち前の体力と精神力を元に、驚くべきスピードでゴールに漕ぎ着けようとしています。ボランチを得意とする彼の献身的な動きには以前から定評がありましたが、今作業にて創造性も開花させ、いくつものパスを繋ぎながら素晴らしい冊子を作り上げました。偉大なる監督から異例の特別寄稿も頂戴し、大変読み応えのある内容になっているかと思います。完成を楽しみにお待ち下さい。

2016年5月17日火曜日

ラストダンス2

 自分の中での今年の一大イベントの一つ、臨床基本ゼミの第3回が終わりました。
 1日目は受講生の悩んでいる症例を通して、”欠損歯列のみかた”というテーマを話し合いました。魑魅魍魎の世界だという欠損歯列は、考えなければならないことが極めて多く、方程式のように答えを出すことは不可能です。手がかりとなるはずの欠損歯列のキーワードは思考の中では散らばりがちで、それらを統合して事件を解決していくことは腕ききの刑事のなせる技です。頼みのKA367も完璧な取扱説明書などはなく、使い込みながら自分のものにしていくしかありません。捜査は足で稼げと言われていますが、地道に歩いて聞き込みを続け証拠を積み重ねて犯人を見つけ出せという犯罪捜査の鉄則が欠損歯列にもドンピシャ当てはまりそうです。『見かた』を『味方』にできるかどうかは、興味をもってやり続けられるかどうかにかかっています。